科目の授業目標

現代文明論1

育成する力・スキル:(1)自ら考える力 (2)挑み力

現代文明論1では、社会や文化の変容や流動化にともないこれまでの制度や思考様式では解決法の探求が難しくなっている現代的な課題、たとえば、地球規模から身体までさまざまなレベルで問われる環境の危機、科学やテクノロジーが発達し多様に活用される時代にこそ問い直される倫理の問題などについて講じていく。講義で語られる一つひとつのテーマのなかで、まず人間社会が築き上げた成果が何であったかを確認してもらう。と同時に、人々の協働なくしては解決の道を拓くことができない多くの重大な問題が、人間社会からもたらされ、また人間社会それ自体の 存続を脅かす要因になっていることを認識してもらう。授業全体を通じて、そうした問題を等身大の自分の身のうえに置いたとき、何を考え、どのような行動を選択するべきなのか。それらを考え続けことができる学びの意欲や姿勢を強めていきたい。

現代文明論2

育成する力・スキル:(1)自ら考える力 (2)集い力

現代文明論2では、建学の精神に基づく学部や学科の設立の経緯を踏まえ、学部の人材育成の目標に沿って学びの意義を確認し、社会や人に寄与する学生一人ひとりの知的な意欲や使命観を喚起するために、学部や学科の教員や学部の卒業生が挑んでいるフィールドでの課題や成果について講じていく。学生が学ぶ専門分野の先輩として、教員や卒業生がどのように問題に取り組み、探求や解決のためにどのような実践を行っているかを知ることにより、学部が育んできた学びの独自性を学生諸君が教員と共有するとともに、志望する分野に向けて自らを鍛える上での足場を見定めていくことを目指す。

文理共通科目

育成する力・スキル:自ら考える力

文理共通科目のねらいは、現代文明論において提示された現代文明の諸問題についての理解をさらに深め、その解決のためには何をなすべきかを思考できる力、すなわち「自ら考える力」を培うことにある。

21世紀になった今、私たちは、刻々と変化し発展しつつある科学・技術に取り囲まれ、グローバル化のなかで一層複雑化する現代社会に生き、さまざまな問題に直面している。このような問題に取り組むためには、一人ひとりが、それぞれの専門分野で獲得する知識やスキルを十分に生かせるような、分野を超えた大きなものの見方が必要とされる。それは、広い視野でさまざまな角度からものごとを見る目を養うことで身につくものであり、これが現代における教養の土台となるのである、文理共通科目では、生命と環境、文化と自然、構造と変化、アイデンティティと共生、知識とコミュニケーション、テクノロジーと社会という6つの科目群のなかで、文系・理系の枠を超えたさまざまなテーマから、社会や時代の問題に気づき、その意味を理解し、その解決に向けて考える力を養うことを目指す。

文理融合 特定プログラム

育成する力・スキル:(1)自ら考える力 (2)集い力 (3)挑み力 (4)成し遂げ力 (5)複眼的思考力 (6)情報活用力

特定プログラム科目「文理融合」は、受講者が自学科で学ぶ専門分野に、自分で選んだ他の学問分野の視点を取り入れて、自由な計画のもとで学びを深めていけるように設計されている。

21世紀の今、私たちが直面している諸問題は、急激な社会や文化の変容にともない複雑化して、これまでのものの見方では解決が難しくなっている。このような問題に気づき、その意味を理解し、その解決のために積極的に行動できる力を身につけるためには、過去の知的遺産と、現在生み出されつつある新たな知見との双方についての幅広い教養を持つこと、つまり文理の枠を超えた多角的な視点からものを見て、新たな考えを形成・発信していくことが必要である。

この科目は、まず、様々な分野で用いられている基礎的な思考や表現の技法を学習し、さらに分野横断科目において、様々な分野における魅力的なテーマで視野を広げる。修了演習では、こうして身につけた知識や技法を柔軟に適用して課題に取り組み、新たに自ら獲得した思想を表現していく。

現代文化研究 副専攻

育成する力・スキル:(1)自ら考える力 (2)複眼的思考力

専門分野に、自分で選んだ他の学問分野の視点を取り入れて、自由な計画のもとで現代文化について学んでいけるように設計されている。

21世紀の今、私たちが直面している諸問題は、急激な社会や文化の変容にともない複雑化して、これまでのものの見方では解決が難しくなっている。このような問題に気づき、その意味を理解し、その解決のために積極的に行動できる力を身につけるためには、過去の知的遺産と、現在生み出されつつある新たな知見との双方についての幅広い教養を持つこと、つまり文理の枠を超えた多角的な視点からものを見て、新たな考えを形成・発信していくことが必要である。

この科目では、様々な分野における魅力的なテーマを学ぶことにより、現代文化に対する視野を広げていく。


総合教育センターのページに戻る